館内ポスター2020.08

スタートキャンペーン大人Ver.

2020/08/19

3 コロナ禍チラシ9月キャンペーン大人3

ちょっと次のチェックをやってみてください(^^♪

4 運動不足チェックリスト

チェックはいくつありましたか?結果は次の通りです!

5 運動不足チェックリスト解説

いかがでしたか?運動不足になっていませんか?このようなチェックをしなくても自覚でもわかるのですが、一つの見方ですよね(^^♪

 

男性の方、女性の方、関節に不安のある方、プールが好きな方は
⇒ コチラ

女性の方、時間がない方、プールは苦手という方は
⇒ コチラ

 

運動不足が引き起こす体への影響は、自分で思っているほど軽くはありません( ゚Д゚)もちろん食事できちんと管理されている方もおられるとは思いますが、運動でコントロールする方が効果的なことも多くあります。

少し想像してみてください。今の運動のない生活を送っていった10年後を!20年後を!
平均寿命2
日本は、平均寿命は世界一、健康寿命は世界第2位の長寿国ですが、平均寿命から健康寿命を引いた、介護が必要とする年数9.4年は世界第31位。順位はおそらくあまり差がないと思うので気にしませんが、自分で自立して生活できない年数が9.4年もあるのは、単純に嫌だなぁと思いませんか。


そうならないためにも「運動のある生活」は大きな役割を果たします。
特にこのコロナ禍の状況では、本当に活動レベルが下がっている可能性が高いと想像できます。意識して運動を生活の一部に取り入れないと大変なことになりかねません。このようなデータがあります。
筋量と筋力の低下たった2週間、運動をしなかっただけで、若者は筋力の3分の1、高齢者は4分の1を失うことになります。もとの筋肉が多い人ほどその影響は大きくなります。


この研究には続きがあります。

週に3~4回の自転車のトレーニングを続けて行った結果、高齢者は失った筋力を取り戻すことができなかったということです。一度低下した筋肉を取り戻すには3倍以上の時間を要するということです

筋量筋力は体力に直結しますので、歳を重ねれば重ねるほど、筋肉は落とさないことがより重要になってきます。体力の低下は気力の低下にもつながります。

「運動」はこの時期だからこそ取り組まなくてはならないことなのかもしれません。

はじめてみませんか!日常に運動のある新生活様式を!!

男性の方、女性の方、関節に不安のある方、プールが好きな方は
⇒ コチラ

女性の方、時間がない方、プールは苦手という方は
⇒ コチラ

 

弊社の新型コロナウイルス感染拡大予防策への取組は、コチラでご確認いただけます。