アクアプログラム
アクアプログラム2024.05

プールでは湿度が高いため、喉の渇きに鈍感になります。でも水中でも発汗はするし、カラダから水分は失われていきますので、水泳中にも脱水症状が生じる場合があります。特に屋外プールでは要注意です! プールでも喉が渇く前に、定期的 […]

続きを読む
アクアプログラム
アクアプログラム2024.04

ヒトの身体は、基本的には左右半身がほぼ対象につくられています。しかし、日々の生活の中での立位姿勢や歩行動作によって頭部や肩、腰などが一方に傾いたり、左右の動作が非対称になっていったりします。 その結果筋バランスが整わず「 […]

続きを読む
アクアプログラム
アクアプログラム2024.03

転倒によって骨折するケースは、年齢が高くなるほど増えています。また転倒による骨折は、大腿骨部が多いとされています。 原因として ① 筋力の低下 ② バランス感覚の低下 ③ 心臓・血管系の変化 ④ 視覚の低下 ➄ 反応速度 […]

続きを読む
アクアプログラム
アクアプログラム2024.02

プールの水温は30~31℃で、体温の36℃より低く、最初冷たいと感じますよね(^^♪ でも、この冷たいという刺激が自律神経を整えてくれるのです。 また体温を維持させようと糖質や脂質が燃焼して、身体を温めてくれています(^ […]

続きを読む
アクアプログラム
アクアプログラム2024.01

年末年始は、長期休み、帰省や旅行などで生活リズムが変わりやすい時です。 また年越しそばやお餅、おせち等高糖質で高カロリーな料理を食べる機会が増えますよね(^-^; でもお正月はいいんです!(^^)!思いっきり美味しいもの […]

続きを読む
アクアプログラム
アクアプログラム2023.12

成人の25%、65歳以上では50%が、高血圧と診断され生活習慣病の1つとなっています。 そこで生活習慣の改善として運動の継続が推奨されます(^^♪ どのような運動がよいのでしょうか?! *会話ができるくらいの有酸素運動 […]

続きを読む
アクアプログラム
アクアプログラム2023.11

冬は寒さで体温が下がらないようエネルギーを多く放出し熱を保ちます。 このようなエネルギーの働きを基礎代謝と言います(^^♪ 筋肉量の多い人は、この基礎代謝(エネルギー消費)が高く、太りにくい身体と言えます。 筋肉量は筋肉 […]

続きを読む
アクアプログラム
アクアプログラム2023.10

筋肉を動かすために、無酸素運動(運動強度が強い)の場合は、体内にある「糖」をエネルギーにします。 有酸素運動(運動強度が低い)の場合は、体内にある「脂肪」をエネルギーにします。 “水中ウォーキング”や“スイム”等のレッス […]

続きを読む
アクアプログラム
アクアプログラム2023.09

まだまだ残暑が厳しいですね(^-^; 夏の時季は、暑さによる寝苦しさからくる睡眠の質の低下で、疲れが抜けにくくなっています(T_T) そこで ・週2~3回の水中運動やゆっくりとした泳ぎで身体を動かし適度に疲れること。 ・ […]

続きを読む
アクアプログラム
アクアプログラム2023.08

寝起きの身体は、横になった姿勢で何時間も安静にしていたため、筋肉はあまり使われていません。 目覚めたらまず、その場でできる背伸びストレッチで、首や肩から全身にかけて大きく伸ばして、まず身体を起こしましょう(^^♪ 水泳の […]

続きを読む